男性

データレスキューセンターに依頼する|データ復旧のプロ

HDD故障で多い部品劣化

Eメール

HDDの寿命を感じたら

この20年ほどの間でパソコンは個人にも広く普及しましたが、それ以上に仕事でパソコンを使う人が増えました。そんな仕事に使う道具が壊れてしまったら、日常業務にも大きな支障が出てしまいます。パソコンは大事な商売道具に等しいですが、日頃から入念に点検をしている人は決して多くありません。パソコンに関するトラブルのうち、最も多いのがHDDの故障です。パソコンに使われているパーツの中でも、HDDは特に寿命が短い部分と言えます。使用環境によっても違ってきますが、一般にHDDは5年前後で寿命を迎えると言われているのです。HDDのメカニズムは極めて精密にできています。特にプラッタと呼ばれる記録面とヘッド部分との間には1ミリの10万分の1というわずかな隙間しかありません。アームやスピンドルモーターといった部品の劣化によっても狂いが生じ、データが正常に読み出せなくなるのです。業務に使うパソコンのHDDには、大事な顧客情報や製品開発情報などが保存されているものです。そんなデータが読み出せなくなったら大変ですが、幸いなことに解決方法があります。データ復旧業者に依頼すれば高い確率で復旧できるのです。

部品劣化HDDも復旧可能

データ復旧業者では以下のような方法で故障したHDDからデータを取り出しています。まずは問題のHDDを点検し、故障原因が論理障害にあるのか物理障害にあるのかを判断します。部品劣化が原因でデータが読み出せない場合は物理障害に該当して復旧の難易度が高くなります。100%の成功率が保証されるというわけではありませんが、データ復旧業者以外ではこの確率がほぼ0%です。物理障害が発生したHDDはクリーンルームで分解され、劣化した部品が交換されます。この交換部品を持っているかどうかという点でもデータ復旧業者の力量が左右されます。故障したHDDと同じ型番の製品を常に在庫しておくことで、いついかなる復旧要請があっても対応できるのです。前述の通りHDDのメカニズムは極めて精巧ですから、部品交換にはわずかな狂いも許されません。当然のことながら作業員にも高度な技術と経験が要求されます。そうしたさまざまな条件をクリアすることで初めてデータ復旧が実現できるのです。HDDの性能は年々向上して大容量化も著しいですが、データ復旧の難易度もますます高まっています。企業からの復旧依頼も今後はさらに増えるものと予想されます。

Copyright © 2016 データレスキューセンターに依頼する|データ復旧のプロ All Rights Reserved.